児童虐待

毎日色々なニュースが流れますが、
子どもの虐待のニュースがよく流れてきます。
子どもに傷を負わせた、車内に放置して熱中症で死亡した、子どもを餓死させた…。
聞くに堪えないニュースばかりです。

そんなニュースを聞くと、「酷い親」と感じると思います。
しかし、そもそも「子どもに暴力を振るってやろう」と子どもが生まれたころから思っている保護者はいないと思います。
そして「自分は絶対に虐待しない」と言い切れる保護者はいないと私は思っています。
なぜなら虐待という範囲が昔と今で違うこと、
そして保護者を取り巻く環境が昔と違い、サポート不足になりがちであるから。

このブログは虐待を擁護するために書いているわけではありません。
いつでも、だれでも、虐待をしてしまうリスクがあることを知ってもらって、しんどいときは休む・サポートを得る・SOSを出す・自分を守る、といった行動をしてほしいと思っています。

虐待って何?

虐待にはいくつか種類があります。
①身体的虐待
②心理的虐待
③性的虐待
④ネグレクト
この4つです。

身体的虐待

昔は「躾のため」といって、物で叩いていたり、頭を殴ったり、軽いものではお尻を叩いたり、手をつねったり。
今の保護者の世代では、そのような行為を受けている方が多かったのではないでしょうか。これが身体的虐待にあたります。

心理的虐待

家庭の中で夫婦間の暴力や喧嘩を子どもが見たとします。
夫婦喧嘩くらい誰でもすると思いますが、今では夫婦喧嘩を子どもの前ですることは心理的虐待に当たるため、警察が介入することもあります。
私は自分の両親がよく夫婦喧嘩して、父が母に怒鳴っている姿を見てすごく嫌な気持ちで恐縮していましたが、この職に就いてからそれが今では心理的虐待になることを知って驚きました。
それが私の家庭の中で「普通」の出来事だったからです。
他には子どもにとって嫌なことを言ったりする、きょうだい間で差別する等、これらも心理的虐待になります。

性的虐待

他の虐待より数は少ないですが、性的虐待。これはきっと表に出てるより実際の数は多いのではないかと思います。被害者・加害者どちらとも男女問わず、起こりうる事です。これに関してはとてもナイーブなので、表には出てきにくいものです。加害者は保護者以外にも、親戚や教育関係者等もあります。子どもが幼ければ幼いほど、被害に遭っているという認識がわからない虐待です。状況によっては言えずに大人になっていく人が多いのではないでしょうか。

ネグレクト

少しの間だけ、子どもを車や家に残した。子どもの体調が悪いのに、病院に連れて行かない。子どもを無視する。世話をしない。
養育を放棄することは、ネグレクトといいます。

虐待は子どもの心に残ります。虐待を受けていたこと、それが「当たり前のこと」として子どもに認識されます。されたことを次に自分の子どもにしてしまうこともあります。
手をあげても、子どもにとってプラスになることはありません。
虐待と躾、この境界線ははっきりはしておらず、グレーな部分もあります。
でも一貫して言えるのは、「子どもが耐え難い苦痛を感じることは虐待と考えるべきである」ということです。

そもそも叩くのはなぜ?

子どもがその場に合った行動をしないために、叩いて言うことを聞かせることが多いのではないでしょうか。
「叩いてわからせないと言うことを聞かない」という保護者がよくいらっしゃいます。その気持ちは凄くわかります。言うことを聞かせるために、保護者にとってそれ以外の選択肢がないんです。
「叩く」ということが保護者が考えれる方法を全部試した中での有効な結果ではないかと思います。
そこで一つ覚えておいて欲しいことがあります。
全ての子どもにおいて、それぞれ色んな特性を持っている事。
見て情報をキャッチしやすい子、聞いて情報をキャッチしやすい子、人からの情報をどのようにしたらキャッチしやすいかというのは、子どもによって様々です。
見てわかりやすい子というのは、逆に言うと聞くだけでは情報が入ってきにくかったり、言われたことが右から左に流れているかもしれません。
だとしたら、ちゃんとこちらを向かせる姿勢で話をしたり、今から何をすべきなのかなどを視覚的に情報を入れなければなりません。
そういった話を、私たちがいる保健センターでは他職種を交えて話をしたりします。
子どもはそれぞれ違うやりにくさを持っています。
そのやりにくさを、どうやって子どもと保護者の中で消化していくか、それには子どものことを知るきっかけとして発達相談をしたりします。
なので「発達相談=何か障がいがある」というわけではないんです。
是非子どもに対してやりにくさを感じたときは、発達相談を受けてみてはいかがでしょうか。
因みに私は第1子に対して、こだわりと言うような、やりにくさをなんとなく感じていました。
そこで発達相談を受けて、心理士から「お母さんの言うこだわりはわかる。やりにくいよね。」と言われて、気持ちがすっとしたことを覚えています。
やりにくさを他人にわかってもらう事で、共感してもらえて気持ちが落ち着くことがあります。
お互いにどうやりやすいようにするか、一緒に考えてくれる人は必ずいます。
なので是非そのような資源を頼っていただけたらと思います。

悪いのは親?

私は100%親が悪いとは思いません。
誰が悪いというわけではなく、保護者を取り巻く環境が引き金になりやすいと思っています。
核家族が多いこの世の中で、孤立して身内にサポートが得れない保護者はたくさんいます。
共働きであってもなくても、どのような状況でも、子育ては大変です。
誰ひとり、楽に過ごしてる人はほぼいないのではないでしょうか。
「しんどいなら、なぜ子どもを産んだのか。子どもを産まなければよかったのでは。」というご意見を目にすることがあります。
子育てがこんなにしんどいものだとは、経験しなければわかりません。
見ていても、聞いていても、経験しなければわかりません。
どのような人であっても、子育てはしんどいものです。

しんどいと感じたときは、是非保健センターや189へお電話ください。

一緒にお話して、育児負担を軽減する方法を考えましょう。
子育ては一人でするものではありません。
例え身内にサポートが得れなくても、その他の周りを巻き込んで育児をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました